日々の生活を大切にしながら

明治村散策

     10月10日(火曜日)

 パソコン仲間6人で快晴の明治村散策に出掛けた。

5丁目のレトロな洋館の高田小熊写真館に入った。大きなガラスの屋根の下が、

スタジオになっており、彩光の為に設けられたと説明を受けた。

そこで当時の白・黒の記念写真を撮ってもらった。

         小熊写真館

 浪漫亭でトマトオムライスを頂き、日差しの強い村内を散策することに ・ ・ ・

呉羽座は風鳥亭と看板が掛け替えられて、明日からNHKの朝ドラのロケが始まるとの事。

何時見られるか楽しみである。

聖ザビエル教会のステンドグラスが机に映る美しい光景

         ステンドグラス

 木漏れ日の森の小径から聖ヨハネ教会へと着いた。

二階の礼拝堂ではチェロを奏でておられた。しばし思い出の昭和メロデーに耳を傾ていた。

 この様なサービスはとても嬉しく思った。

北門近くの転車台での列車の切り替えを、しばし眺めて帰路に。  お疲れ様でした。

         明治村散策1
2017-10-10 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

映画鑑賞

     10月8日(日)

 毎月「福祉映画を鑑賞する会」が13.30~から、ふれあいセンターで開かれる。

少し早めに家を出て友達三人で、和やかに「仲よし」で美味しいランチで済ませて、

大会議室へ行った。

 今日の上映は、詩集「くじけないで」を基にした感動あふれるドラマであった。

90歳で詩作を息子に勧められて書くようになり、98歳で出版した詩集「くじけないで」が

ベストセラーになり、大きな反響を呼んだ。私にも記憶がある。

柴田トヨの半生と家族の絆を書いた感動の物語で、温かくて優しい言葉の数々に、

自分と重ねて共感したり、身近にある幸せにも,気ずかせてもらった。
              
                2149.jpg
               
2017-10-08 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

仲秋の名月

     10月4日(水)
 
 午前中は趣味の水墨画の同好会へ。

 毎回お茶タイム取りながら、和やかに楽しんで描いています。

今日は「秋草」を描きました。(キキョウ・小菊・ハギ・ナデシコ・オミナエシ・ススキ)

           秋の草花

 暦は進み今夜は仲秋の名月である。

夜の空気はひんやりとして、夜空に浮かぶお月さまはとても綺麗に見えた。

心に残る情景である。

         中秋の名月1
2017-10-04 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

しまなみ海道(2)

 早朝、大島にある亀老山展望台から、来島海峡大橋を眺めようと登ったところ、

霧に覆われて残念ながら絶景は霧の中だった。
 
         0410.jpg

 来島海峡の三大橋を渡りサービスエリアで、ゆっくりと時間を過ごす。

ここからの素晴らしい景色を写真に収めた

         0414.jpg
         0418.jpg
         0420.jpg


 松山城に向かって車を走らせた。

松山市の中心地にあり、城下を見下ろす立派な城である。

お城を囲む見事な石垣がきれいであったし、 堅い守りの工夫が随所にされていて、

戦いの為の城を実感させられた。

         松山城1
         
 松山自動車道に入り内子町の古い街並みを散策して、予定を変更して帰路することに。 

         古い街並み
2017-09-25 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

しまなみ海道(1)

 しまなみ海道を観光しながら帰ろうと、尾道側から入り瀬戸内海の島々と、

穏やかな美しい海を眺めながら行くことにした。

先ず因島水軍城に立ち寄り、中世の瀬戸内の航路を支配していたので高い所にあり、

石段を登って行くのはきつかったけれど、いい運動になった。

           村上水軍城

 村上水軍6代当主が観音堂を建立した、白滝山の頂上の五百羅漢を見たかったので、、

標高227mの山頂を目指した。石段の急な山道を息を切らしながら登った。

山頂には展望台があり大パノラマの景観である。様々な表情の石仏が所狭しと並んでいる。

背景には瀬戸内の島が広がり最高の絶景が見られた。

           白滝山
         2027.jpg
         2029.jpg
         2028.jpg


 生口島に渡り、再び見学出来る楽しみな耕三寺を訪れた。

初代住職が母親の菩提寺として建立した、浄土真宗本願寺派の寺院とのこと。

鮮やかな色彩には目を見張る。最初の門を開くと孝養門があり、細かい細工がしてある。

地獄と極楽が描かれた「地下霊場」のトンネルも通り抜けてきた。

           耕三寺
           1耕三寺
        
 奥に進んで行くと、海外の風景の様な真っ白な「未来心の丘」の大理石の別世界が、
広がっていた。   坑谷 一東氏による白い大理石の庭園「未来心の丘」

           モニメント

 以前訪れたので外回りを見て・・・

           美術館

多田羅大橋からの夕焼けの風景。

           夕焼け
 
  
2017-09-24 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

プロフィール

ちこ

Author:ちこ


最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR